ドラクエ11攻略サイト

PS4版・3DS版・Switch版

PS4版ドラクエ11と3DS版ドラクエ11とSwitch版ドラクエ11の特徴と、おすすめのプラットフォームをご紹介します。

PS4版ドラクエ11

特徴
・映像が美しい
・セーブ数が多い、9つ
・オートセーブが可能
・カジノにマジックスロットがある
 リールの1枚1枚を任意のタイミングで止められる
・ボウガンアドベンチャーがある
 世界各地の的をボウガンで撃つ
・宝箱やタルなどを見落としやすい
・シンボルエンカウント
・3Dに慣れていない人だと迷いやすい
・人によっては3D酔いする
おすすめポイント
映像の美しさやセーブ数など、ゲーム好きの方なら迷わずPS4版を選ぶと思います。
逆に、普段ゲームをしない方だと、3Dは方角や現在地を見失いやすいですし、宝箱やタルなども見落としやすいです。人によっては、3D酔いします。

3DS版ドラクエ11

特徴
・上画面が3D、下画面が2D
・3D画面だとシンボルエンカウント
・2D画面だとランダムエンカウント
・旅の思い出で3Dと2Dのイベントを見直せる
・2D画面だとフィールド上に隠れスポット
 隠れスポットにはアイテムがある
・宝箱やタルを発見しやすい
・カジノの種類がPS4版と異なる
・すれ違い通信などで入手したヨッチ族で時渡りの洞窟に挑戦できる
 過去のドラクエの世界を旅できる
・キャラクターデザインが子供っぽい
・セーブ数が少ない、3つ
・中断セーブがある
おすすめポイント
3DS版では、スライドパットを利用すると上画面の3D、十字キーを利用すると下画面の2D画面にメッセージが表示されます。スライドパットでフィールドを移動するとシンボルエンカウントで、十字キーだとランダムエンカウントになります。バトルも、3Dと2Dの2つのパターンが用意されています。
3DSの下画面を見れば、自分の位置や周辺の情報を把握しやすいです。宝箱やタルなどを見落とすことも減るでしょうから、初心者にもプレイしやすいと思います。PS4版と比較すれば映像が劣りますが、過去のドラクエシリーズが好きな方にとっては、むしろ3DS版の世界の方が馴染みやすいと思います。
そして、3DS版の最大の目玉となるのが、時渡りの洞窟です。本編やすれ違い通信で入手したヨッチ族で最大8人のパーティーを組み、時渡りの洞窟に挑戦できるのですが、ここをクリアすると、なんと、過去のドラクエの世界を訪問できます。ここでは、当時は収録されていなかった裏話が聞けたり、クエストを受注できたりします。
3DSの性能のせいで、セーブ数は3つですし、お住まいの地域によってはすれ違い通信も難しいです。ここが3DS版の欠点です。
中断セーブのデータが何度もロードできる仕様なら、ボス戦やカジノが非常に楽になりますので、初心者の方もやり込む方も3DS版の方が攻略しやすそうです。

Switch版ドラクエ11

特徴
・Switchは据え置き機なのでPS4版と恐らく同じ
おすすめポイント
Switchは一応据え置き機なので、PS4版と同じか似た機能になると予想されます。中断セーブ機能は追加されるかも知れません。

PS4版と3DS版のどっち買う?

3DS版ドラクエ11は、宝箱やタルなどを見つけやすく、表示される地図の範囲も広いため、初心者でもプレイしやすそうです。中断セーブを利用できますので、ボス戦やカジノも効率的に攻略できそうです。

3DS版もPS4版もどちらも買うという方も、とりあえず3DS版からプレイすることをおすすめします。ドラクエ9の時もそうでしたが、すれ違い通信はプレイ人口の多い発売直後が最も効率的です。

今後公開される情報次第ではありますが、現状で判断する限り、初心者の方も、やり込む方も、3DS版の方が楽しめると思います。3DS版の方が3000円安いというのも、おすすめ理由の1つです。

ただし、兄弟や家族と交互にプレイする場合は、冒険の書(セーブ数)の多いPS4版の方が安上がりかも知れません。

ドラクエ11の攻略内容

PS4版・3DS版・Switch版

おすすめパーティー

主人公のおすすめ育成

カミュのおすすめ育成

ベロニカのおすすめ育成

セーニャのおすすめ育成

シルビアのおすすめ育成

マルティナのおすすめ育成

ロウのおすすめ育成